スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【レポート】エンゼルラインから蘇洞門へ行くトレッキングルート(2)

【レポート】エンゼルラインから蘇洞門へ行くトレッキングルート(1)の続きです。

エンゼルラインから蘇洞門へ降り立ち、お昼休憩を小一時間ほどとりました。

s-IMG_9110.jpg  s-IMG_9115.jpg  s-IMG_9116.jpg(写真提供Kさん、ありがとうございます!)

予想通り海が荒れていたため、船着き場や小門へ行くことができませんでした。
波の高さに「うわ、日本海っぽい」と感じたのは私だけだったかな。
こちらの海は、大荒れでも、きれい。
自然そのままの姿だから、ということもありますが、前の記事にも書いたとおりエンゼルラインから歩いて降りてきて人が投げ捨てたゴミを見かけなかったことも理由の一つなのかなと。

昼食はそれぞれ持ってきたおにぎりを思い思いの場所に座って。
私はBさんに作っていただいたたこ飯おにぎりを美味しくいただきました^^
そうしたら、Tさんが携帯ガスコンロなどを取り出して「豚汁」を作ってくださいました。
s-IMG_9144.jpg(写真提供Kさん、ありがとうございます!)
温かい豚汁、おいしかったです。Tさんありがとうございました。

そろそろ、休憩も終わらせて歩き始めようかと。
お借りしたストックを握り、階段を昇り始めます。
s-IMG_8314.jpg

階段を昇ってすぐに、見晴らしのいい場所があります。
s-IMG_8359.jpg
映っていないのですが、この写真のむかって左側の奥に「白糸の滝」があるそうです。
この「白糸の滝」は、蘇洞門めぐりの船で紹介される場所の一つです。

お昼頃に入ると、お日様の位置が変わるからか、木々がよりきれいに見え始めます。
帰り道の登りルートは、下りよりもゆっくりと時間をかけてのぼりました。
s-IMG_8366.jpg  s-IMG_8371.jpg  s-IMG_8397.jpg  s-IMG_8364.jpg  s-IMG_9137.jpg
木の根っこがハートに見えるところや樹齢の高い木のところで立ち止まったり、ホウの葉を飛ばしてみたり。


ゆっくり上って2時間40分で、エンゼルラインへ到着です。
途中、これから逆登山をするという男性と、訓練で降りるという若者軍団とすれ違いました。
行く途中でみた鳥の巣はいつの間にかなくなってしまっていて、少し残念でした。


ここまできたら、久須夜が岳の三角点も見なくては・・・と。
エンゼルラインの展望駐車場へ移動して、三角点の場所へ。展望の駐車場から少し歩いたところに、三角点があります。
※三角点とは→ウィキペディア「三角点」 https://ja.wikipedia.org/wiki/%E4%B8%89%E8%A7%92%E7%82%B9
この周りはいくつか建物や鉄塔がたっているのと、木々によって周辺の眺望は良くはありません。
久須夜が岳の看板がひっそりと掛かっていました。
s-IMG_8408.jpg  s-IMG_8401.jpg


そのあと、エンゼルラインのところで解散となりました。
ご一緒に行ってくださったみなさま、ありがとうございました!
特にAさん、Tさん。女性四人をいろいろ気遣っていただきましてありがとうございました!


今回失敗したのが、登り切ったときに「アイスが食べたい」気分になりまして、車にクーラーボックスを積んで準備しておけばよかったということです。エンゼルラインの展望台は、現在売店がないため、そこは我慢するしかないですね。
筋肉痛は翌日から一週間ほどやってまいりましたが、トレッキングに慣れている方はそれほど筋肉痛にはならないのでしょう。
体力つけなくては^^;
今回初のトレッキング(逆登山)を体験しました。
ストックをお借りしたり、なにかと気を使っていただいてなんとか逆登山を行うことができました。
エンゼルラインから蘇洞門へ降りる際、初めて行くという方は、途中、足場が細くて不安定な場所があるため、トレッキングに慣れている方か、何回かエンゼルライン逆登山をされたことのある方とご一緒に行かれることをお勧めします。
これから冬にはいりますので、春から初夏にかけて、山桜や新緑が映える季節を迎えたら、また逆登山をしたいと考えています。

その時はまた、レポートさせていただきます!
スポンサーサイト

【レポート】エンゼルラインから蘇洞門へ行くトレッキングルート(1)

エンゼルラインから蘇洞門まで下りるルートがあるんだよと、小浜に来てすぐのころからよく聞いてはいたのですが。

一度は行ってみなくては・・・があっという間に一年経過していまして。

この度、行ってまいりました。
エンゼルラインから、蘇洞門まで下りてまた上って行くルート。
その報告をさせていただきます。
少々お付き合いくださいませ。

10月下旬のある日、トレッキングに慣れているAさんとTさんが同行していただきまして。
トレッキング初心者含む女性4名と、男性2名の6名のチームで蘇洞門トレッキングに挑みました。


s-IMG_8300.jpg

エンゼルラインの第一駐車場に入ってすぐの停車場に車を停め、5分ほど下ったところにあるのがこの看板。
「山火事注意」の下に蘇洞門のトレッキングコースの地図と距離、参考時間が書かれています。
風雨にさらされて、多少見えづらいところもありますが、この看板の右側から、トレッキングコースのスタートです。
歩き始めて感じたのは、あまり歩く人がいないのかな、ということ。
人工物なゴミがどこにもなく、道も歩きやすく木の枝が払ってあるのです。
山の会の方や、トレッキングをされる方々が大事にしているルートなのかもしれません。

s-IMG_8302.jpg
ゆるやかな下り坂から、上り坂にかわったりしながら、歩きはじめて。入ってすぐに、鳥の巣を見つけました。
既に小鳥は巣立っていたものの、前日の強風で飛ばされてきたようです。

それから30分ほど歩いて見えてきたのが道標。
エンゼルラインから蘇洞門へ向かうルートは、泊地区の方向へも続くルートに分岐しています。
年季の入った、道標。
ただ、最近、泊地区へのルートを歩いた様子はありませんでした。
s-IMG_8305.jpg

足場が細かったり、山砂や落ち葉がたくさんある山道を下り、ロープを伝って急斜面をおりたりしていくと。
木々の間から海が見えてきます。
s-IMG_8306.jpg


だいぶ進んでいくと、蘇洞門まであと10分という看板が見えてきます。
平成17年に小浜市の整備事業が終わったとありますね。
s-IMG_8310.jpg

このあたりから、波の音が聞こえ始めました。だいぶ大きな音なので、海が荒れているのが想像できます。
看板から数分あるくと、コンクリートの階段があらわれました。
ここから階段を下りていくのですが、一段一段の高さがあり、ゆっくりと降りることになります。
手すりは、潮風で腐食したのか、手すりのあった跡のみのこっていました。
s-IMG_8311.jpg

階段を降り始めて5分ほど。
蘇洞門に近づきはじめると、波が荒れていることがわかります。
s-IMG_8314.jpg
蘇洞門近くの階段は、草木や砂が侵食しはじめていて、歩くときに注意が必要です。

s-IMG_8317.jpg
ようやっと、蘇洞門につきました。
歩き始めてから1時間50分。
降りるだけでも大変息が切れまして。
お昼休憩を取った後、さっき通った道をのぼっていくんだ~と思うとちょっと怖いです。

ここで一旦終了します。
続きと修正はまた・・・。

11月の見聞録1

11月ももりもりと動いています。
今週はブログや報告書の作成などにいそいそ。

〇口名田地区健康ウォークに参加
昨年に引き続き、2回目の口名田地区健康ウォーク。
各地区のイベントに、できるだけ顔を出すことができたらいいなと思っているものの、土日のイベントが重なっていることが多くて行けないものが多いです^^;
今回はノルディックウォーキングのストックをお借りして歩きました。
歩くことの補助だけではなく、ストックを持って腕を振ることで、肩こりやウエストの引き絞りに効果があるとか。。。
アスファルトの道路をただ歩くのではなく、紅葉をみながら、おしゃべりしながら楽しく歩くことができてよかったです。
口名田公民館を出発し、だるま窯の見学、飛川橋を通ってハンドレッドスマイルさんの見学、口名田公民館に戻って、口名田の「谷田部ねぎ」と「新田ごぼう」をつかった豚汁でお昼ご飯!
口名田地区の皆様、ありがとうございました!
s-IMG_8743.jpg  s-IMG_8753.jpg  s-IMG_8754.jpg  s-IMG_8781.jpg  s-IMG_8795.jpg

〇海の駅フェスタ
11月1日は食文化館をふくむ川崎地区で「海の駅フェスタ」が行われました。
午前中はマグロの解体ショーや、フグ汁の提供、せり市などが行われてたくさんの方がお見えになったそうです。
私は午後に行ったので、人の賑わいはやや落ち着いていました。
午後のイベントで、お菓子撒きのときの小さい方々の熱気と、司会の方の盛り上げによって続々と賞品が増えていく様子に圧倒されてしまいました^^
この時に購入したななちゃん焼きと鯛カツが晩ごはんになりました^^
s-IMG_8798.jpg  s-IMG_8800.jpg

〇若狭高校へ出前講座
若狭高校の一年生の28人の方に、小浜市の観光の取組などについてのお話をさせていただきました。
ただの座学では飽きられると思い、生徒さんたちに「あなたが誰かに紹介したい若狭おばま」を5分間で10個書いてもらいました。
ひとり5個以上書いてもらえるか不安でしたが、いろいろ書いてくれてありがたかったです。
s-IMG_9102.jpg

要望されたことはお話できたでしょうか。
もっと若狭おばまに興味を持ってもらえたでしょうか。
50分間で話す、いい勉強になりました。ありがとうございました。

〇福井大学オープンキャンパス「旅するうなぎ~一億年の時空を超えて~」
羽賀寺で行われた福井大学オープンキャンパス
「旅するうなぎ~一億年の時空を超えて~」を受講してきました。
塚本先生のお話は6月に小浜市役所で開催されてたときにもお伺いしていて、もう一度聞きたいと思っていたのです。
羽賀寺の客殿が満席のなか、2時間たのしく受講してきました。
s-IMG_8819.jpg  s-IMG_8820.jpg


〇代休つかって京都府和束町へ地域おこしの勉強に・・・
おおい町のH氏に誘っていただいて、和束町へ行ってきました。
日本遺産に認定された「日本茶800年の歴史散歩」の場所で、お茶を使った地域おこしをされています。
きちんと手入れをされた茶畑に囲まれ、インバウンドや観光事業、移住者受入れなどに取組まれています。
週末に大きなイベントがあるにもかかわらず、長い時間対応してくださった和束町のK様、お会いした和束町の皆様、同行してくださったみなさまありがとうございました!
s-IMG_8850.jpg  s-IMG_8852.jpg  s-IMG_8854.jpg  s-IMG_8859.jpg  s-IMG_8906.jpg  s-IMG_9005.jpg


〇薪ストーブワークショップ「木のぬくもり、火のあるくらし 実践薪づくり」
地球温暖化防止センター主催、NPO法人若狭くらしに水舎共催でおこなわれたワークショップに参加しました。
斧を振りかぶって薪をつくる、薪を切る機械を使ってみる。薪ストーブが稼働しているところを見る。
薪ストーブで作った料理を食べる!
薪ストーブのある家、憧れます。
実際自分で斧を使って薪を作ってみましたが思った以上に斧が重たくて、振りかぶるのに苦労しました^^;
薪ストーブを使って何の料理を提供しようか・・・と悩み。
ホットケーキミックスを使ったホットドッグもどきを準備して・・・。
かま丼で新米を焚き、ロケットストーブで沸かしたお茶を飲み、薪ストーブの火で作った無水カレーとジャガイモのチーズ焼き、ホットドッグもどきとデザートに紅玉のアップサイドダウンケーキ。地元の炭で焼いた焼きいもやお餅もあり、薪つくりで疲れた体に美味しい食べ物が良く合います。
電気やガスで便利な生活を過ごしていますが、薪や炭をつかった生活も、いいなぁと思った一日でした。
s-IMG_9043.jpg  s-IMG_9067.jpg  s-IMG_9068.jpg

〇みはまナビフェス2015 地域おこし協力隊連携事業「ふくいの魅力しっちゃいな祭~ver.2」
11月7日、8日は美浜町でナビフェスというイベントがありました。
こちらに福井県の地域おこし協力隊連携事業で『ふくいの魅力しっちゃいな祭~ver.2」として参加してきました。
小浜市は8日の参加です。
近隣なのにこういったイベントがあったのを初めて知りました。
近隣市町のことも知っていかないと、小浜市の魅力だけでは個人観光客の心はつかめないなと感じているのですが、なかなか近隣市町のことまで知る時間を作るのが難しい。こういった連携事業で、自分の活動市町以外の特産品や、特徴、見どころを知っていくっていいことだと思います。
今回、小浜市は「ご飯のとも」になりそうなものをもって行きました。
あいにく、8日の悪天候で来客数は少なかったように思えますが、柑なんばと一緒に飾った「獅子ゆず」に反応してくれたり、連携事業ふるまいの「熊川くずの葛湯」に興味をもってもらえたりと、それなりにPRができたのかなと・・・。

s-IMG_9093.jpg  s-IMG_9082.jpg  s-IMG_9081.jpg  s-IMG_9076.jpg

10月の見聞録3

11月に入って、めっきり朝晩の寒さが身にコタエマス。
足元からしんしんと冷えるのではなく、首筋からひやーっとはいってくる感じが、まだ慣れないです・・・。
さて、10月の見聞録、ラストです。

〇出前講座準備
若狭高校の出前講座をさせていただくことになり、その準備をしていました。
内容は、小浜市の観光の取組について。
50分間で飽きさせずに話を聞いてもらうにはどうしたらいいか。
講座のギリギリまで、悩んで資料を作成していました。
自分が何気なく使っているカタカナ語。
実際の意味はどうなんだろうと思ってぐるぐると。
普段何となく使っている言葉って、「なんとなくいみがわかってつかっている」ものもあるなぁと反省。
s-IMG_8430.jpg


〇紅葉を追いかけ、若狭姫神社と萬徳寺へ・・・。
まだ早いと思いつつ、紅葉の初めの様子を見に若狭姫神社と萬徳寺へ。
萬徳寺で、兵庫県から来られたご婦人と立ち話。レンタルサイクルで2か所行ってきたというその方は
「秘仏ツアーのことを終わってから知って残念だったので、休みをとって初めて小浜にきたの」と。
雨が降る前でよかったわぁ、萬徳寺でご住職のお話が聞けて良かったわぁ。と、朗らかにお話してくださいました^^
こういうお話が聞けるのも貴重ですね。
s-IMG_8447.jpg  s-IMG_8474.jpg  s-IMG_8500.jpg

〇地域おこし協力隊連携事業打合せ
11月7日、8日の「みはまナビフェス2015」に、第二回目の「福井力~ふくいの魅力しっちゃいな祭」を行うための打合せがありました。今回は、嶺南の美浜町が会場で、参加市町も嶺南のおおい町、小浜市、若狭町の3市町。
各市町の特産品、おススメのものの販売と、連携事業で何を行うか。
いろいろ話をして、今回は3市町の湧水と、熊川くずをつかった「葛湯のふるまい」を行うことに。

福井県で発行した『ふくいのおいしい水』ふくいのおいしい水もお渡しできたらいいな。
はずかしながら、おおい町の湧水「滝水ひめ」を初めて知りました^^;

〇海のシルクロード音楽祭反省会
10月17日に羽賀寺で行われた「海のシルクロード音楽祭」の反省会がありました。
いろいろ反省点もありますが、たくさんの方が聞きに来てくださったこと。
聞きに来てくださった方が笑顔で帰られたこと。
羽賀寺のライトアップがきれいだったこと。
アンケートの集計結果を見せていただきながら、おもわず笑顔になってしまいました。
実行委員として参加させていただいてよかったなぁ。

〇わかさかんたーれ
当日受付スタッフで、着物ネコ娘のコスプレをして参加してきました。友人たちにも受付をお手伝いいただいて・・・。
まちなかにあふれる音楽を!同日時間差の3会場で行われるまちなか周遊音楽ライブ。
スタッフ、演奏者ともに5月のジャズフェスの関係者も多く、知っている人がいらっしゃってより一層楽しむことができました。
この日は風が強くて、第一会場のgreencafeさんの受付はものすごく寒かった^^;
皆様本当にありがとうございました。小さい方々のハロゥインパレード、かわいかったです。
s-IMG_8529.jpg   s-IMG_8689.jpg


プロフィール

小浜市地域おこし協力隊A

Author:小浜市地域おこし協力隊A
2014年4月より小浜市の地域おこし協力隊として活動を始めましたAことあひろです。
こちらは小浜市のこと、初めて知ったこと、思ったことを綴るブログです。
活動日誌兼、これまで案内をした小浜市散策ルートの掲載など。
2015年8月より、クイズ「さてどこでしょう?」というカテゴリを開始しました。

よろしくお願いします。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。