スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【レポート】エンゼルラインから蘇洞門へ行くトレッキングルート(2)

【レポート】エンゼルラインから蘇洞門へ行くトレッキングルート(1)の続きです。

エンゼルラインから蘇洞門へ降り立ち、お昼休憩を小一時間ほどとりました。

s-IMG_9110.jpg  s-IMG_9115.jpg  s-IMG_9116.jpg(写真提供Kさん、ありがとうございます!)

予想通り海が荒れていたため、船着き場や小門へ行くことができませんでした。
波の高さに「うわ、日本海っぽい」と感じたのは私だけだったかな。
こちらの海は、大荒れでも、きれい。
自然そのままの姿だから、ということもありますが、前の記事にも書いたとおりエンゼルラインから歩いて降りてきて人が投げ捨てたゴミを見かけなかったことも理由の一つなのかなと。

昼食はそれぞれ持ってきたおにぎりを思い思いの場所に座って。
私はBさんに作っていただいたたこ飯おにぎりを美味しくいただきました^^
そうしたら、Tさんが携帯ガスコンロなどを取り出して「豚汁」を作ってくださいました。
s-IMG_9144.jpg(写真提供Kさん、ありがとうございます!)
温かい豚汁、おいしかったです。Tさんありがとうございました。

そろそろ、休憩も終わらせて歩き始めようかと。
お借りしたストックを握り、階段を昇り始めます。
s-IMG_8314.jpg

階段を昇ってすぐに、見晴らしのいい場所があります。
s-IMG_8359.jpg
映っていないのですが、この写真のむかって左側の奥に「白糸の滝」があるそうです。
この「白糸の滝」は、蘇洞門めぐりの船で紹介される場所の一つです。

お昼頃に入ると、お日様の位置が変わるからか、木々がよりきれいに見え始めます。
帰り道の登りルートは、下りよりもゆっくりと時間をかけてのぼりました。
s-IMG_8366.jpg  s-IMG_8371.jpg  s-IMG_8397.jpg  s-IMG_8364.jpg  s-IMG_9137.jpg
木の根っこがハートに見えるところや樹齢の高い木のところで立ち止まったり、ホウの葉を飛ばしてみたり。


ゆっくり上って2時間40分で、エンゼルラインへ到着です。
途中、これから逆登山をするという男性と、訓練で降りるという若者軍団とすれ違いました。
行く途中でみた鳥の巣はいつの間にかなくなってしまっていて、少し残念でした。


ここまできたら、久須夜が岳の三角点も見なくては・・・と。
エンゼルラインの展望駐車場へ移動して、三角点の場所へ。展望の駐車場から少し歩いたところに、三角点があります。
※三角点とは→ウィキペディア「三角点」 https://ja.wikipedia.org/wiki/%E4%B8%89%E8%A7%92%E7%82%B9
この周りはいくつか建物や鉄塔がたっているのと、木々によって周辺の眺望は良くはありません。
久須夜が岳の看板がひっそりと掛かっていました。
s-IMG_8408.jpg  s-IMG_8401.jpg


そのあと、エンゼルラインのところで解散となりました。
ご一緒に行ってくださったみなさま、ありがとうございました!
特にAさん、Tさん。女性四人をいろいろ気遣っていただきましてありがとうございました!


今回失敗したのが、登り切ったときに「アイスが食べたい」気分になりまして、車にクーラーボックスを積んで準備しておけばよかったということです。エンゼルラインの展望台は、現在売店がないため、そこは我慢するしかないですね。
筋肉痛は翌日から一週間ほどやってまいりましたが、トレッキングに慣れている方はそれほど筋肉痛にはならないのでしょう。
体力つけなくては^^;
今回初のトレッキング(逆登山)を体験しました。
ストックをお借りしたり、なにかと気を使っていただいてなんとか逆登山を行うことができました。
エンゼルラインから蘇洞門へ降りる際、初めて行くという方は、途中、足場が細くて不安定な場所があるため、トレッキングに慣れている方か、何回かエンゼルライン逆登山をされたことのある方とご一緒に行かれることをお勧めします。
これから冬にはいりますので、春から初夏にかけて、山桜や新緑が映える季節を迎えたら、また逆登山をしたいと考えています。

その時はまた、レポートさせていただきます!
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

小浜市地域おこし協力隊A

Author:小浜市地域おこし協力隊A
2014年4月より小浜市の地域おこし協力隊として活動を始めましたAことあひろです。
こちらは小浜市のこと、初めて知ったこと、思ったことを綴るブログです。
活動日誌兼、これまで案内をした小浜市散策ルートの掲載など。
2015年8月より、クイズ「さてどこでしょう?」というカテゴリを開始しました。

よろしくお願いします。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。