FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

12月の見聞録1

12月も中旬が過ぎて。

けっこう、かなりノンストップで動いているのです。
なんだろう、この『止まったらダメになる』みたいな感覚。ランナーズハイに近い。

今回の記事は写真なしで。

小浜は特に歴史の坩堝で、古いモノごと、新しい物事がでては消え、発展したり衰退したり。
「続ける」ということ。
「終息」させるということ。どちらも意志を統一させるのは難しい。

ビジネス研修の他、食品衛生管理責任者講習の受講、観光アカデミーの研修などなど、小浜市外に出かける機会が増え、移動距離がどんどん増えています。これからの時期は、雪が降るから、車の運転は気をつけなくてはと思うのですが、懐かしいと思ってしまったり。ちょっと長い移動時間は、いろいろ考えることができるので自分の中ではかなり重要な時間。

前半の大きな参加イベントは4つ。合間合間に会議や打合せがはいって、先週の平日の何日かだけ、夜に用事がはいらなかったのかな。
2か月に一回のラジオ出演は、たいていイベント情報の紹介でおわってしまうけれど。
これがきっかけで人が来てくれたらうれしいと思う自分もいる。

●KISUMOの空き家ツアー
今期2回目の空き家ツアー。
いろいろな物件があり、希望と現実のすりあわせが難しい。
Iターン、Uターン、Jターン、そして市内で空き家を探している人に、上手に情報が回ればいい。

●小浜第九合唱の参加
小浜に来て3回目の参加。ドイツ語で歌う歓喜の歌。
練習にはなかなか参加できなかったので、練習不足なのだけれど、一番気持ちよく歌えたと思う。

●東高の「さとやま体験教室」
ピザづくりのお手伝い。

●着物de落語
着物de落語は、もともと小浜で続いていた「ちりとて寄席」に便乗してさせてもらっているもの。
大元の素材がなければ、できないことの一つ。
今回、県外や市外からの参加をいただいて。
「初めて本格的な落語を聞いた」と言っていただいたり「母の着物を着ることができた」だったり。
不手際もあったけれど満足頂いたと思う。
どうやったら、負担がかからずに進めていけるのか。4月以降も続けられるものなのか。
今の時点では、手弁当な雰囲気でいいのだと思っているけれど、それは今の職業だからできていることでもある。
今後、ビジネス事業として拡大するならもっと協力者が必要だし、料金体系なんかもしっかり作りこまないといけない。
そこまでして、どういった結果が得られるようになるのか。
そこまでする価値がうまれるのか?このまま現状で進んだ方がいいのか。
京都の着物パスポートのようなものにできればいいのか?
それとも個人の楽しみの会として続けていく方がいいのか。悩ましいところ。
収入を得るなんて、色気をだしちゃいけないよなー。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

小浜市地域おこし協力隊A

Author:小浜市地域おこし協力隊A
2014年4月より小浜市の地域おこし協力隊として活動を始めましたAことあひろです。
こちらは小浜市のこと、初めて知ったこと、思ったことを綴るブログです。
活動日誌兼、これまで案内をした小浜市散策ルートの掲載など。
2015年8月より、クイズ「さてどこでしょう?」というカテゴリを開始しました。

よろしくお願いします。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。