スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

6月の見聞録3

暦は6月から7月に変わりました。
小浜市内の8つの海水浴場は、10日までに浜開きが行われます。
人魚の浜海水浴場に面した道路の、「駐車禁止」の黄色いコーンを見ると、「夏が来たなぁ」と感じる今日この頃です。

6月の見聞録(活動にっき)もあと少し。
もう少々お付き合いください。

6月25日
仕事場にて、民泊のツアーでなにか思いつかないかを一人ブレスト。
仕事用のFBにもあげてみた。

6月26日
新しくできたK'sデンキへ。プライベートでも使うし、一眼レフカメラがほしい。

夜、浜中PTA研修会「食品添加物の話」を聞きに行く。
6つの「こしょく」・・・孤食、個食、固食、小食、粉食、濃食
孤食と個食以外は初めて知りました。

6月27日
三丁町で音ゆら整体をうける。
夕方の三丁町の風景が、いまはもう見ることができない、母方の祖母の家の風景に似ている、と写真をみた友人の一言。
たぶん私は、小浜のあちこちの景色のなかに、自分の記憶のなかの大事な景色と似ているところを探しているとだと思う。

6月28日
HOLY SMOK☆Y ライブ in 羽賀寺
羽賀寺の客殿で行われた、即興民俗音楽ユニットのライブです。
今回は着物を着て、こちらのライブのスタッフとして参加。
ゆったりとした、心地よい時間を過ごしました。
ご来場くださった皆さん、ありがとうございました。

6月29日
越前市地域おこし協力隊の同僚、来浜。
小浜市視察のアテンドをしました。
今回のルート☆
小浜駅(9:30)~飯盛寺+不動の滝~道の駅うみんぴあ大飯~海幸苑~津島の名水+雲城水~椎村神社~道の駅若狭おばま~加茂神社+為星寺~明通寺~瓜割の滝~上中駅(16:20)
移動途中、撮影停車もあり。
夕日の見える散策ロード、宮川のハスなどなど・・・。
自分自身、今日はあまり写真を取らなかったので文字ばかりですが^^; 楽しんでいただけたと思います。

夕方、FMふくいの方と打合せ。2か月に一度のラジオ出演。

夜は、「うなぎ 一億年の謎を追う」講演会を拝聴。
お話、ぐいぐいひきこまれました。
中学の課題図書になった本も、読んでみたくなってきましたし、藤沢で始まる展示も見たくなってきました!
ああいうお話の仕方ができるようになりたいです。

6月30日
朝のラジオの5分間ほどの出演の2回目。
聞き取りやすく、ゆっくりとお話できただろうか。
(お話しした内容、要約・・・今回はゆっくりお話しできたと思うのですが、聞き取りづらくはなかったでしょうか・・・^^;)
☆中風よけのおまじない「すりばちくぐり」が7月1日朝4時から11時まで(松永、四分一の法雲寺・・・明通寺に向かう途中にあります)6月30日夜から御祈祷が始まります。
無病息災をお祈りするおまじないです。
二人のお坊様がすり鉢をささげ、そのすり鉢の上でもぐさを焚きます。その下をくぐると、難病から身を守るといわれています。
昨年、自分も行ってきて、自分だけではなく両親の無病息災もお祈りしてきました。
☆7月1日から小浜市内の8つの海水浴場の浜開きが始まります。
海水浴場はそれぞれ雰囲気が異なるのでぜひいらしてください!
☆このほかにもイベント、お祭りが盛りだくさんです。
7月19日にある、道の駅若狭おばまのミチフリマーケット&朝市、
祇園祭、7月26日の町家deフェスタ・・・
☆放送時間内で全部をお伝えすることが難しいので、小浜市内だけではなく若狭地方のイベント情報をまとめて発信している「わっふる」というHPがあるのでそちらもご確認ください。「若狭 わっふる」で検索するとわかりやすいと思います。




6月は、いろいろたまったものを出したり、自分にあまくなった月でした。
そろそろ、観光プランとかも実行に向けていかなくては。
カード(資源検証)、揃ってきたのだと思います。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

小浜市地域おこし協力隊A

Author:小浜市地域おこし協力隊A
2014年4月より小浜市の地域おこし協力隊として活動を始めましたAことあひろです。
こちらは小浜市のこと、初めて知ったこと、思ったことを綴るブログです。
活動日誌兼、これまで案内をした小浜市散策ルートの掲載など。
2015年8月より、クイズ「さてどこでしょう?」というカテゴリを開始しました。

よろしくお願いします。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。